【歌詞】13. Jesus Was A Crossmaker

エリザベスタウンサントラ

僕の大好きな映画の一つである『エリザベスタウン』のサントラから1曲ご紹介。

今回は13曲目の「Jesus Was A Crossmaker」です。

THE HOLLIESが歌うこの曲の雰囲気は、何もかも失ってしまったドリューにピッタリの曲だなと思います。

この曲を聴くとこの映画が蘇ってきてとても穏やかな気分になります。

毎日の不満や困り事なんてドリューと比べたらほんとちっぽけで、どうでもいいやって思えます。

僕を癒してくれる曲で、大好きな曲です。

「Jesus Was A Crossmaker」(THE HOLLIES)

Sweet silver angels over the sea
Please come down flying low for me

One time I trusted a stranger
‘Cause I heard his sweet song
And it was gently enticing me
Though there was something wrong
When I turned he was gone

Blinding me his song remains reminding me
He’s a bandit and a heartbreaker
Oh, but Jesus was a crossmaker

Sweet silver angels over the sea
Please come down flying low for me

He wages war with the devil
A pistol by his side
And though he chases him out my window and
Won’t give him a place to hide
He keeps his door open wide
Fighting him

He lights a lamp inviting him
He’s a bandit and a heartbreaker
Oh, but Jesus was a crossmaker

Sweet silver angels over the sea
Please come down flying low for me

I hear the thunder come rumbling
The light never looked so dim
I see the junction get nearer
And danger’s in the wind
And either road’s looking grim

Hiding me I flee desire’s dividing me
He’s a bandit and a heartbreaker
Oh, but Jesus was a crossmaker
Yeah, but Jesus was a crossmaker

~和訳~

海の向こうの優しき銀色の天使たちよ
僕のもとへ舞い降りてきておくれ

かつて僕は見知らぬ人を信じたことがあった
それは彼の素敵な歌を耳にしたからなんだ
どこか間違えているような気がしたけど
それでもその歌は優しく僕を誘惑していた
そして振り返ると 彼はいなくなっていた

僕を盲目にさせる彼の歌が耳に残り 僕に思い出させる
彼は悪党 そして罪作りな人
ああ だけどキリストは十字架職人だったんだ

海の向こうの優しき銀色の天使たちよ
僕のもとへ舞い降りてきておくれ

彼は悪魔と戦い続ける
その傍らにはピストル
彼は悪魔を僕の窓から追い払い
隠れる場所さえ与えないけど
ドアを大きく開けたままで
悪魔に戦いを挑み
ランプに火を灯し 彼を誘う
彼は悪党 そして罪作りな人
ああ だけどキリストは十字架職人だったんだ

海の向こうの優しき銀色の天使たちよ
僕のもとへ舞い降りてきておくれ

轟く雷鳴が聞こえる
こんなにもほの暗い光は見たことがない
分岐点が近づいているのが見えるけど
危険な雰囲気が風に漂っていて
どちらの道も薄気味悪く見える

身を隠して 僕は逃げる 欲望が僕を引き裂く
彼は悪党 そして罪作りな人
ああ だけどキリストは十字架職人だったんだ
ああ だけどキリストは十字架職人だったんだ

Sponsored Link

コメントを残す

*

CAPTCHA