【期間工】有給で損をしないために知っておくといいこと。

招き猫

かなり月日が流れてしまいました。

自分の中で整理をしたいので書いておきます。

まず期間工について

無事満了して出所(期間工を終わるときに使うらしい)しました。笑

毎日早く終われ終われと思っていましたが、終わってみればなんてことないもんです。

半年の間ではありましたが、初めての土地で暮らすことができてとてもいい経験になりました。

家賃も光熱費もタダなので余程浪費しなければそこそこお金も貯まりますよ。

自動車や機械いじりが好きな人にとったら天職ではないでしょうか。

おまけに期間工は割と特殊なバックグラウンドを持つ人たちがいるので、その人たちの話を聞くのもなかなか面白いのでオススメです。自分の世界を広げれるかもしれませんよ。

損をしないためにはどうする?

ズバリ有給マジックに惑わされるな!

期間工でも6ヶ月間働くとありがたいことに有給が10日ほど発生します。

そして最初の満了期間は大抵6ヶ月です。

じゃあ僕みたいに6ヶ月満了でやめたい人は使えないじゃん!って思うかもしれません。

いいえ、使えます!(ただし、入社日によります。)

なぜかというと、

満了期間にカウントされるのは大抵入社日の翌月からなのです。

なので満了したということは、入社日から月末まで+6ヶ月ということになります。

仮に1月15日に入社した場合で考えてみましょう。

満了期間は

入社月の翌月からのカウントなので、

1月末までの16日間+6ヶ月(2、3、4、5、6、7)で満了は7月末になります。

有給発生するのは

入社日からのカウントなので、

1月15日から7月15日で6ヶ月経ちますね。

なので7月16日から有給が使えます。

この満了期間と有給発生条件期間との誤差が大事!

有給が発生する7月16日から満了の7月末までの間であれば有給を使えるのです。

この誤差が有給マジックです!

会社側はできるだけ働いて欲しいし、

そもそも上司の人がこのことを把握していないということもありえたので、

自分たちで動くしかありません。

いい会社だとちゃんと教えてくれるかもしれませんが。

ここで重要なこと

入社日が1日の場合はその月から満了期間をカウントされるので有給は使うことができません!

ですが少しでも長く働いてもらいたいはずなので1日入社というのはほぼないと言ってもいいでしょう。

僕はそんなの知らずにまんまと2日に入社して1ヶ月損したー!とか思っていましたが、

有給マジックを知ってからそれを逆手にとって有給10日を全て消化して満了することができました!

1番オススメは月末から10日前くらいの入社日で入社することです。

そうすると無駄なく満了することができます。

と言っても有給は使わせてもらえるのかということが気になるでしょう。

心を鬼にすれば使えます!笑

お世話になった人たちに迷惑をかけてしまいますが、

そんなことを気にしているから日本の有給は減っていかないのです。

ここは心を鬼にして規則通り使わせていただきましょう!

まとめ

  • 6ヶ月満了でも有給は使える
  • ただし入社日に注意せよ
  • オススメの入社日は月の半ばあたり
  • 心を鬼にせよ

これから期間工で働く人に損をして欲しくないので書きました。

使えるものは使いましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください